FC2ブログ

記事一覧

Nanded ナーンデード

GOA04657-2.jpg 


Nanded  ナーンデード

 

 インドマハーラーシュトラ州のナーンデードは周りにヒンズー教徒、イスラム教徒が住むインド中央部では異質的な存在でここだけがパンジャブ州のごとくシーク教徒のターバンで埋め尽くされている。ここにおいては「ナマステ」ではなくパンジャブ語の「サテシリアアッカ―ル」といって挨拶するとちゃんと普通に反応してくれるインド中部のパンジャブワールドだ。

 ナーンデードシーク教の5大聖地の一つで(五つのうち三つはやはりパンジャブ州、以前に紹介したシルヒンドは5大聖地には入らない)第十代グル、ゴービンシンが暗殺され火葬された場所にグルドワラが建てられている。ゴービンシンには4人の息子がいたが既に全てムガール帝国との闘いで殺されていたので、ここで亡くなることによりグルの系譜が途絶えてしまったのである。甥とかがいたのかもしれないがゴービンシンは自分の亡くなった後はグルグラントサーヒフ(シーク教の経典)をグルとする、としていたので事実上人間としてつまり絶対的指導者というのは消滅してしまったのである。要するに、ここはシーク教徒にとってはグルが地上から消えてしまった歴史上最大の悲しみの場所なのである。

 


Hazur Sahib

 

このナーンデードに建つグルドワラはHazur Sahibと呼ばれる。ゴービンシンはナーンデードで暗殺者に刺され致命傷を負い七日後に亡くなってしまった。アナンドプールの軍事的要塞のような装飾が少なめのグルドワラを見ると、比較的装飾の多いHazur Sahibの建物はグルドワラというよりも霊廟的な意味合いが多いのだろう。霊廟的なと書いたが、シーク教徒の葬儀について記しておくと、亡くなると火葬され遺灰はいうとシーク教の聖なる川とされるSetlej川に流すことが多い。つまり遺体や遺灰を残すことが基本的にはないという。したがってシーク教においては偉人聖人の遺体や遺灰を安置するような霊廟というものは基本的に存在せず、亡くなったまたは火葬された場所に霊的宗教的重きをなし、そこにグルドワラを建てている。

 

まずここのパーキングに到着するとどうやらこの日はシーク教の聖者らしき方がHazur Sahibにお見えになったようだ。全身白一色に包まれたシークの聖職者達がお迎えする車にマリーゴールドの花が飾りつけていた。マリーゴールドで飾られた写真の背景には近代的ホテルかマンションのような建物が写っている。この周辺にはこのような建物がいくつもあり、気になってその一つをのぞいてみた。中はドアとかがない大部屋がいくつもある状況でホテルやマンションのような部屋が並んでいる状況ではない。中ではシーク教徒らしい人々が何人も雑魚寝している。つまりどうやらこれは巡礼宿のようなのだ。おそらくゴービンシンの命日には多くの巡礼者がここで寝泊りし、Hazur Sahibで手を合わせそして涙を流すのであろう。アムリトサル、アナンドプールのことを思うとここまで立派かつ多くの巡礼宿があった記憶がないので予想をはるかに超える巡礼者が集まるのではないだろうか。


GOA03142-2.jpg

 


どこからか景気のいいマーチが聞こえてくる。音のする方に向かうとお揃いのターバンユニフォームに立派な髭を蓄えた音楽隊が人々に特別な日を知らせるようにマーチソングを流していた。いつも思うことだけど、日本人からすると髭があるだけで何となくみんな似ている感があるのに同じ制服、ターバンまでしてしまうとさらに一族のように見えてしまう。はたしてインド人はどう感じているのか一度聞いてみたいものだ。


GOA03156-2.jpg

 


ゲートをくぐると中庭は広大で多くの信者が祈るには十分な広さだ。5大聖地の一つパトナーが小さい規模であったことを考えるとアムリトサル、アナンドプールに次ぐ規模を誇るのかもしれない(私は実は5大聖地のうち4つまでしか見てないので正確なことは分からないが)

中を歩いていると一人のド派手な二ハングに会った。ターバンは戦士としては役に立たないぐらいに大きく、立派なタルワールという刀を携えている。このような大きいターバンの二ハングは青色一色で統一されているケースが多いがターバンに赤や黄色の布を混ぜていたり青の日よけ布をターバン下に入れている所が珍しい。今まで見た中では最もおしゃれな二ハングだ。


GOA02025-4.jpg

 

GOA00431-3.jpg


GOA03339-2.jpg


GOA03485-2.jpg



ランガルという食事をするところに向かう。シーク教においてはこの食事という人間にとっての最重要課題について重要視している。ヒンズー教においてはカーストが異なると一緒に食事ができない。イスラム教だと男女別々で食事をとる。初代グルであるナーナクはそういった現実に異を唱え老若男女問わずに一緒に食事をとるべきだとしたのだ。そしてランガルにおいて無料で食事が振舞われる。つまり老若男女だけでなく貧富の差さえ否定して一緒に食事をとるものだとした。これは富の配分も兼ねていて、収入の十分の一をグルドワラに納めることになっているシークならではのシステムだ。

さてここのランガルに足を踏み入れると他のグルドワラで見た光景とちょっと異なっている。普通は食べるところと食材の準備や調理をするところは別になっているものなのだが、ここでは食べるところで食材の準備が行われていた。調理はさすがに別の部屋だったけど。写真の手前では野菜を選別とかしているようだが奥の方では食事をとっているのが見て取れる。その他、玉ねぎの皮むきとか野菜の下準備、さらにマリーゴールドの花飾りなどもここで行われていた。


GOA04303-2.jpg


GOA03952-2.jpg



今回は裏口の方から入ったのだが、参拝の最後に正面ゲートを外側からしっかり拝もうとゲート外に出ると大勢の人だかりできていた。運のいいことに二ハング達がgatkaを披露していた。様々な武器をそれぞれ短時間だが振り回したり、刃を切りつけたりしている。後で動画を見ると刀の一対一の斬り合いは子供ながら結構迫力がある。決まった型がなさそうで思いっきり刀を相手に斬りつけている。万が一当たったら大変そうだが、きっと練習の賜物でちゃんと盾で避けるのだろう。30秒前後と物足りなさはあるが、背景に立派なゲートがそびえ立ち実に絵になる光景だった。


GOA04657-2.jpg


 

ナーンデードHazur Sahibがある以外は特に何もない(私が知らないだけかもしれないが)。それでも空港があり、なんとムンバイからの飛行機の直行便があるという。きっと機内はシーク教徒で埋め尽くされているのだろう。予想外の大規模で立派なグルドワラであった。Hazur Sahibはパンジャブ語で「主の存在するところ」のような意味を持つという。ゴービンシンはこの地で亡くなったが、その魂はナーンデードでシークの人々の心の奥底にしっかりと永遠に存在するのだろう。

 


 


 

 

 

ホムペの方もよろしく

https://asahikotaka.com/

関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

takkarjp

Author:takkarjp
主に辺境や少数民族の撮影を行っています。主なフィールドはシーク教、北ベトナム、雲南省、貴州省、チベットエリアなど。
日経ナショナルジオグラフィック写真賞2017ピープル部門 優秀賞受賞。

ホムペもよろしくお願いします。

Asahiko Takahashi Photography

最新コメント