記事一覧

Udaipur ウダイプル

Udaipur ウダイプル

 

 ウダイプルも前回のジャイプールと同様に有名な観光地の一つとして挙げられている。もっともジャイプールほど有名ではないが。しかしながら近年においては他の大都市同様に交通量増加による大気汚染は深刻だ。昔はチョーラ湖に浮かぶ宮殿は美しく多くの観光客を魅了したのではあるが、近年はいつもどんよりとしている。そのためかウダイプル中心部への車の侵入は自由にできなくなっている。それでもチョーラ湖を中心とした美しい街並みは多くの人を虜にする魅力を秘めている。ジャイプールにくらべれば当然ではあるが、こちらの方がまだアンベール城のように人波に飲み込まれることはまずない。

 

ウダイプルの中心をなすシティパレスは圧巻のひとこと。当時のマハラジャの贅を尽くした生活はウダイプルだけに限らないが世界が違う。しかしその金と権力の一極集中がインド文化を代表する建築物などに向けられていったことを考えると必ずしもカーストがあってのインド文化ではなかったのかと思わざるをえない。もちろん時代として現代に当てはめるのは無理であろうけど。

シティパレスを見学した後、夕日を撮りにシティパレス裏手のチョーラ湖畔を歩くと音楽隊がやってきた。おそらく観光客を楽しませるためであろう。隊員にはバグパイプを抱える者もいる。きっとイギリスの植民地時代に持ち込まれたものであろう。こんなところにもイギリスの影響力をみるとは不思議ではないにしろ、インド人の軍楽隊がバグパイプを演奏するのは不思議な感覚ではあった。やはりバグパイプにはスカート状のキルト衣装がよく似合う。


RAJ04054-3.jpg 

RAJ03419.jpg


RAJ03147.jpg

 

チョーラ湖の周辺にガート(ヒンズー教の沐浴するところ)が点在している。その一つをのぞいてみた。髪の毛を剃り落とし、ヒンズー儀式が執り行われていた。


RAJ04562_HDR-7.jpg

 

RAJ04846-2.jpg


Kumbhalgar&Ranakpur クンバルガルラーナクプル

 

 ウダイプルの次は近郊のクンバルガルラーナクプル。ウダイプル観光でラーナクプルに寄る方は多いと思うが、個人的には是非クンバルガルも! あまり本には載っていないと思うが山の上に築かれた要塞はとても素晴らしい。このクンバルガルまでに行くには結構な山道でいきなり山の上に姿を現してくる。とても辺境の中の要塞というイメージではあるのだが、実は調べると昔はメーワール王国の首都であったらしい。さらに帰国後にわかったことではあるが世界遺産の一つだった(笑) 登録は ラージャスターンの丘陵城塞群 の一つとして登録されている。昔はきっとかなり多くの人が住み栄えていたはずではあるが、寂しいことに要塞がある以外に首都としての過去の存在感がほとんどない。長い歴史の中で人々はここを離れてしまったようだ。

世界遺産であるから一応そこそこ有名であるハズではあるが、なぜか観光客がいない。特に外国人となるとほとんど要塞内に自分以外は極めてわずか。寂しい感じはあるけど、要塞としては実にいい感じで保存されている。特に要塞正面にヒンズー寺院が並んでいるのだが、寺院サイドから要塞を眺めるといい感じで絵になる。

 

RAJ07721.jpg


RAJ07898.jpg


ラーナクプルはジャイナ教を代表する美しい寺院だ。実はパリタナの寺院群を過去において見たことがあるだけに感動がちょっと少なかった。やはりパリタナはジャイナを堪能するなら後回しにしないといけないのかもしれない。ジャイナ教寺院は基本的に内部撮影が禁止されている場合がほとんどであるがこちらは撮影可能。こちらの方が知名度はクンバルガルよりはるかに上ではあるが世界遺産ではなくパリタナも世界遺産ではなかった。

 

RAJ09011.jpg

 

RAJ08617.jpg


ちょっと食事の話でも。時々日本とインドで同じであるハズの食材がなぜか見た目がかなり異なることが時にある。下の写真は茄子のフライのカレーであるけど、一瞬何かよくわからない。東南アジアや南アジアで時に食卓にならぶ茄子はこのような感じで丸くて身がしまっていて紫というよりも緑っぽいタイプがよくある。加熱すると日本の茄子だとシナシナとなってしまうが、こちらのは結構しまっている。味はそれほど変わらないけど歯ごたえを感じる美味しさだ。


RAJ08000.jpg

 

ホムペの方もよろしく。

http://asahikotaka.com/

 

関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント